保育園看護師が看護師求人サイトで転職活動

現在、たくさんの看護師専門の求人サイトが存在し、ほとんどのサイトが無料で利用できます。これらのサイトは成功報酬型で、実際に保育園看護師を雇い入れた時に病院や施設が報酬を支払う仕組みになっています。

ハローワークや新聞広告などを利用すれば、それほどお金をかけずに看護師を雇い入れることができますが、優良な病院や施設の多くは「看護師求人サイト」に求人広告を出しています。

転職サイトのコンサルタントは、提案力に優れているため、最適の人材を紹介します。 例えば、転職サイトに「経験5年以上で、オペの経験がある方」などという条件を出すと、その条件にぴったりの人材を紹介してもらえるため、病院としても求人にかかる手間を大幅に削減できます。

そのため、多くの病院では効率よく、希望条件に合う人材を採用するために看護師転職サイトに依頼しているのです。 転職サイトから人材を紹介された場合、報酬を支払わなければなりませんが、看護師が半年以内の退職した場合は、報酬を取り消すなど、病院側に有利な条件となっているため、病院側でも気軽に転職サイトに求人を出すことができるのです。

ところで、近年、このような転職サイトがたくさん登場し、乱立気味になっています。 どの転職サイトでも、良い言葉ばかりを並べているため、どのサイトを選んだらよいのかわからないという声も多くなっています。

転職サイトを選ぶにあたっては、いつも同じ求人が掲載されているところは避けた方が無難です。 1年中募集をかけているということは、離職率が非常に高い職場である可能性が高いです。このような職場は、人間関係に問題がある、休みが取りづらい、過酷な勤務条件など職場環境が良くないかもしれません。

このような職場を紹介されたのでは転職する意味はありませんので、離職率が高い職場を扱っていないところを選ぶようにしましょう。

それから、求人サイトを利用するメリットは、コンサルタントから職場の雰囲気を事前に教えてもらえることです。 実際に働いて見なければわからない情報を積極的に教えてくれるところは、安心して利用することができるでしょう。

病院が積極的に採用する人材

看護師という同じ職業についていたとしても、病院や企業側からすれば条件を良くしてでも採用したい人もいれば、条件を下げてでも採用したくない人がいます。こういった違いはなんなのでしょうか。

転職活動をする際の採用率を上げるためにも、病院から好かれる人材になるためにはどうすればいいのかを理解しておきましょう。

まず、経験豊富な看護師というのは多くの求人において好条件で採用したもらえる可能性が高いです。 未経験者よりも経験者を積極的に採用している病院だった場合、「最低でも2年ほど看護師経験がある人がいい」というように理想があるでしょう。

ここで看護師経験が5年目に突入した人が面接を受ければ、採用してもらえる可能性が高くなります。 このように、病院側が求めている以上の能力や経験を持っている人は好条件で採用してもらえるはずです。

また、「この人を採用したらきっとがんばってくれる」と面接官が感じるほど前向きな発言が多い人は採用される可能性が高くなります。面接の際にネガティブな発言を繰り返してしまうと採用したあとにきちんと働いてくれるのか面接官も不安になってしまうでしょう。

それから、あまりにも転職回数が多い人は面接官もきびしい評価をするしかなくなります。その中でも警戒されやすいのが、直近の在籍期間が短い人です。

例えば、2つ前の職場で5年働いていたとしても、直近の在籍期間がわずか半年などの場合は好条件で採用してもらえる可能性が低くなります。すぐに辞めてしまう可能性が高い人というのは採用する側も慎重になるので、転職をスムーズに進めるためにも一つの職場には長く留まるようにしたほうがいいですね。

また、前向きな発言が多い人は採用率が高くなるとご紹介しましたが、あまりにも大きなことを言いすぎる人も警戒されます。 自分をよく見せようとしすぎて経験や実績をオーバーに表現してしまうと信用されないので注意しましょう。

この人は信用できる、信頼できると感じてもらえれば採用してもらえる可能性も高くなるはずです。

就職に有利になる能力とは

求人情報に集まった応募に対し、どのような評価をして採用を決めるかというのは個人差があります。 例えば、「絶対になにがなんでもうちで働いてほしい!」と採用される人もいれば、「他に候補もいないし採用するしかないか」と採用されるのとではその後の対応なども変わってくるでしょう。

そこで、就職をする際に歓迎される能力や経験について知っておけば、面接でどこをアピールすればいいのかがわかるはずです。

まず、経験があまりない人の場合、自分のこれまでの経験の中で何をアピールしていけばいいのか悩んでしまいますよね。

ここでアピールしていきたいのが、努力をする姿勢です。何事に対しても積極的に努力をするということを伝えられれば、採用される確率も高くなります。

逆に、あまりやる気が感じられないと、採用したとしてもだらだら働かれてしまうのではないかと不安に思われてしまうでしょう。

ただ、アピールをするといってもただ「がんばります!」というだけでは押しが弱いです。必ず過去の経験や実績を一緒に伝えるようにしましょう。

例えば、「学生時代は部活動で3年間部長を務めた」と言えば責任感が強い人なんだな、と思ってもらうことができるはずです。他にも、「一日も欠かすことなく朝練を続けた」と伝えれば努力家であるということをアピールできるでしょう。

病院から好まれる経験として覚えておきたいのが、病棟での経験年数に関することです。 1年や2年程度では大したアピール材料にはなりませんが、病棟において同じ診療科目で3年以上の経験があると歓迎されます。

次に、クリニックでは採血や注射、点滴といった基本的な看護師の仕事経験がある人を積極的に採用している傾向にあるので、こういった経験をアピールしていきましょう。

経験が重視される職場といえば施設系の職場です。介護の経験があると歓迎されますが、それ以外にも病棟業務の経験が5年以上ある方は積極的に採用を行っているので、施設で働きたいと思ったらまずは病棟に勤務するのもいいでしょう。

ページの先頭へ