CRCの仕事内容

CRCは治験コーディネーターと呼ばれることからも分かるように、治験に関することが主な仕事内容です。 ですが、一口に治験に関する仕事といっても実に様々な業務があるのです。 CRCの仕事は、治験に関する準備をするところから始まります。

まず、プロトコロルと呼ばれる治験実施計画書を確認することから始めなければなりません。 これは、治験薬に関することが書かれた資料のことで、CRCは治験の前に行われる勉強会でその新薬に関する知識を深めておく必要があるんです。

当然のことながら、新薬の治験を行う被験者も不安なことや疑問なことがたくさんありますよね。 被験者からなにか質問をされた際に、しっかり答えられるように事前に勉強会が開かわれるわけです。

次に、スタートアップミーティングと呼ばれる仕事があります。 ここではプロトコルの確認を行いながら業務の割り振りなどをするのですが、CRCは資料の作成なども担当します。

また、治験のスケジュールなどを管理するのもCRCの重要な仕事です。 関連する様々な機関と密に連絡を取りながら、スムーズな治験が行えるよう調整をしていきます。 準備が整ったら医師からの紹介、カルテ、広告などを利用して被験者を探し、面談をするのも仕事です。

健康状態や現在飲んでいる薬などの関係もあり、探し出した被験者が全て治験に参加できるというわけではありません。 この人は治験に参加しても大丈夫か?ということを判断するのも仕事となります。 治験中は患者さんのフォローなども行うことになりますが、これは長い治験の場合は1年以上の期間となる場合もあります。

治験が終わったら仕事終了というわけではなく、最後に報告書を作成しなければなりません。 治験で得られたことをデータとしてまとめ、治験依頼者となる製薬会社に提出をするのです。

治験業務をスムーズに行うためには、これらの他にも担当しなければならないことがたくさんあります。 現場の状況や治験内容によって業務内容が変わる仕事だということを理解しておきましょう。

ページの先頭へ