看護師転職がデメリットになるケースとは?

看護師の仕事はたいへんやりがいのある仕事ですが、責任が重く、 労働環境も過酷なものです。夜勤はもちろん、日勤であっても、引き継ぎ、 点滴や注射、オペの用意、医師のサポートもします。

昼夜を問わず患者さんからナースコールでの呼び出しがあり、常日頃から 患者さんの対応に追われ、介助の必要があればそれもこなします。 さらに、患者さんの話を聞いて不安を取り除くなど、精神的なケアも看護師 の大切な仕事の一つです。こういった看護師の仕事は責任感をもってあたる 必要があり、人命に関わる職場ですから、常に緊張感をもって気を抜くこと は出来ません。

看護師の世界では、転職はそれほど珍しいことではありません。 スキルアップしたい、家庭と両立できる職場が良い、違った診療科目で 働いてみたいなど、転職を希望する理由はさまざまです。 スキルアップや興味のある診療科目で働く目的であれば、たとえ転職先が 多忙で困難にぶつかったとしても、乗り越えていけると思います。

家庭との両立を望む場合、夜勤の無い職場や、短時間勤務など、自分の 希望に合った求人を根気よく探せば、きっと見つけることができますし、 その転職がデメリットになることはありません。

看護師が転職してデメリットになるケースとは、「頻繁に転職を繰り返す こと」です。理由と目的がある看護師の転職は問題ないのですが、 何度も転職を繰り返した場合、不採用になる確立はとても高くなって いるのが現状です。

人命に関わる看護職では、責任感と忍耐力が非常に大切です。それに、 チームで動いているので協調性も欠かせません。なので、短期間に 転職を繰り返している場合、看護師としてのスキルに欠けているのでは ないか、と判断されやすいのです。

できれば一つの医療機関である程度のキャリアを積んで欲しいのですが、 事情をよく説明すれば状況が好転することもありますから、 あまり悲観的にならずに面接に備えて勉強を続けてください。

面接に至るには、まず書類選考を通る必要があります。 履歴書や職務経歴書をしっかりと書き、上手に自己アピールしてください。

ページの先頭へ